闇金の酷い取り立て

闇金の取り立てが始まりました。
ひとまず10万くらい借りましたが結局こうなってしまいました。
闇金はマジで酷いです。
たまったもんじゃありません。
ただでさえ経済的に苦しい状態でそれを上回る状況を強いられてます。
子供も闇金が来るたびに泣き叫びます。
それを聞く度に闇金も切れて、
「金返せ金返せ」とうるさいし、反抗的な目をすると脅迫して来たり・・・
日が経つにつれて闇金の人数もドンドン増えて耐えられなくなってきました。
そんな時次のサイトを見つけました。
コワモテ君の闇金情報局!

※その中でおすすめな記事「闇金相談所、チェックすべきポイントは?

このサイトには闇金に関する情報がビッシリ並んでてびっくりしました。
他のサイトは闇金のこと以外にも債務整理のことが書いてあって分かりにくかったので助かりました。
闇金はホントに酷いです。
私たちの状況なんか無視してお金ばっか請求してきます。
なので今後はこのサイトを参考にしながら闇金対策みたいなのをしていきます。
子供のこともあるし私の将来もかかってるので・・・

闇金に借りてしまった

前の記事の続き。
高額な塾のお金を支払経済的に困窮してしまった私は今度はお金を借りるためにいろいろな業者の審査を受けに行ったわけです。
アコム、プロミス、レイク、セゾンなど手あたり次第電話をしました。
しかし私の経済力では到底満足するお金は借りられず、総量規制のせいでなおさら少額しか借りられないことが分かりました。
そんな時街中の広告が目につきました。
「破産者OK」「ブラックOK」「審査なし」
そんなことが書かれていたと思います。
当時の私はとにかくお金が欲しかったので、思わずその広告に書かれてる電話番号に電話をかかけてしまいました。
最初は穏やかに進みました。
最初の頃は相手が闇金だということを知らなかったので、何の警戒心もなく自分の情報を喋ってしまいました。
名前住所電話番号、挙句の果てには家族の電話番号住所、職場の住所電話番号も喋らされてしまいました。
ここが私の一番の後悔です。
これが原因で闇金たちが私の周りの人間に迷惑をかけ始めるわけですから・・・

闇金との長い闘い

私はかれこれ長い間闇金と戦ってきた。
あれは2013年の話だ。
妻がいなくなり私1人で子育てをしていた当時、
子育てにかかるお金と私自身の病気の療養費にお金がかかっていた。
正直しんどかった。
平日土曜は1日8時間以上働き、何時間は残業させられ、休む間もなく子育てに追われ次の日はすぐに会社・・・
正直私の心と身体はボロボロだった。
そんな時ふと思ったわけです。
「あと5万・・・あと5万でもお金があれば余裕を持って暮らせるのに」
そう思いました。
そんな時、最初に頭に思い浮かんだのが「副業」
インターネットビジネスというものに目を付けていろいろ調べまくってました。
中には「楽して月100万」などと書かれた商材もありましたが怪しかったので購入はしなかったです。
しかしある塾に目がくらみ、私は無意識の間に30万以上のお金を払ってしまってました。
貯金もなく収入も少ない状態で私は「これで私も稼げるようになる!」という意気込みで塾に入りました。
しかし数か月経ってから「これではまったく稼げない」と確信しました。
端から楽して稼げるわけではなく、新たに稼ぐにはまた新たな投資が必要だったりと
私は次第に泥沼にはまっていったわけです。